別居中の生活費(婚姻費用=コンピ)が決められない場合、参考にすべきものがあります。
家庭裁判所(家裁)で使われている算定表と呼ばれているものです。

これは、昨年の互いの収入、子どもの人数や年齢で婚姻費用を算定するものです。

仮に、当事者同士で金額を決める事が出来なかった場合、話し合いの場を家裁に移す事になります。

それでも決まらなかったら・・・?
その時は、自動的に審判に移行します。
審判で使われるのがこの算定表です。

ということは、ほぼこの算定表の生活費は確保できるということになりますし、支払う側からみれば、この額はよほど特別な事情がない限り逃れられない額という事になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加