夫婦間で金額の合意できれば、必ず書面にしておいてください。
いつから、いつまで、いくらを、どうやって、いつまでに支払うのか。

できれば、公証役場で公正証書にできれば安心です。
公正証書を作成しておけば、相手からの支払いが滞ったとき、訴訟をすることなく、給与差し押さえなどの強制執行が出来ます。

このエントリーをはてなブックマークに追加