市町村での無料法律相談に過度の期待は禁物です。

まず、どこも時間が異常に短いのがネックです。

今までお聞きした中で、最短時間は「10分」でした。
個人情報をききとったところで、「チン!」(本当にベルが鳴ります)
そこで終了だったそうです。

弁護士と相談者、共に『困惑の極み』でしたでしょう。

こんな全く役に立たない相談を何故やっているのか?
長年不思議に思っておりました。

今は、「国民の不満を聞く窓口がないじゃないか!」という苦情を阻止するために設置してあると理解しています。

単なる、相談受付窓口だとすれば、次のように割り切って利用するのが賢いかもしれません。

(1)弁護士との相性確認
業務を依頼する目的で弁護士を探している場合、無料相談担当の弁護士との相性を10分で確認する。

(2)セカンドオピニオン
ある点について別の弁護士の見解も確認してみる。
(10分で状況を説明し、見解を聞くには難易度が高いかも・・・。)

(3)法制度の確認
例)別居している夫から生活費をもらえますか?

結論としては、上記(3)の場合も含めて、相談先が分からない時は、『法テラス』にご連絡ください。

ただし、無料相談の中でも、以下の2箇所は評判が良く、利用価値はありそうです。

 ■ 愛知県行政書士会
 ■ ウイルあいち

共に名古屋市で開催されています。
特に、相談時間が比較的長いのが好評です。

ウイルあいちは、電話相談もあります。
離婚に迷っている、心が揺れている時に、特にお勧めです。

愛知県行政書士会は、第2・4火曜日に無料相談を実施中です。
(平成23年1月現在、第2火曜日のみ実施)
ただし、離婚問題は特殊なケースですので、「離婚について相談したい」と告げて予約してください。

有料でもすぐ相談したいときは、矢野快子行政書士事務所の離婚相談をご利用ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加