Q 夫から突然離婚を切り出されました。私としては、いきなり離婚と言われても、到底納得できません。まだ子どもも小さいですし、できれば離婚したくありません。どうすればよいでしょうか。

A 離婚したくないのであれば、あせって結論を出す必要はありません。ただし、念のために「不受理申出」はしておきましょう。
【解説】
離婚が成立するには、夫婦が話し合って離婚に合意するか、裁判所で離婚判決をもらうしかありません。
裁判所が離婚を認めるのは、ごく限定的な離婚理由がある場合だけです。

つまり、あなたに法的な離婚原因(例えば不貞など)がない限り、あなたが離婚に応じなければ離婚することはできないのです。
毎日、離婚してくれと言われ続けると、もう離婚は避けられないのかと思うかもしれません。
しかし、離婚するには、子どもの事や経済的な事など、解決すべき課題がいくつもあり、なおかつ簡単に答えが見つかららないものなのです。

残念ながら、最終的に離婚に至ってしまった場合は、金銭的な保障(補償)を得て、あなたの感じている理不尽さや悔しさを精算することになります。
それは決してお金で納得できるものではないでしょう。
最悪の場合、金銭的な補償も不十分なことがあるかもしれません。

しかしながら、それでも離婚は止むを得ない、と覚悟が決まるまで、様々な立場の人に相談しながら、時間をかけて答えを出してください。
あせらなくても大丈夫です。
協議離婚のご相談は矢野快子行政書士事務所へ

このエントリーをはてなブックマークに追加