せっかく行政書士に依頼して協議書を作成しても相手方が納得してくれなかったら・・・。

先日、ネット上にこのような話を見つけて、かなりの衝撃を受けました。
私の事務所では、一方当事者からだけの依頼で、相手方が納得していない協議書を作ったりはしないからです。

お二人が協議離婚を目指されていることを確認し、おおよその落とし所が見えてから、双方からの依頼を受けてやっと作成するのがたたき台としての協議書(案)です。

双方が誤解をしていたことや私の受け取り方が誤っている箇所はないか、さらに追加して欲しい事項はないかどうか等を確認しながら修正を重ねていきます。

この方法でここまで来れば、双方が納得済みですから、土壇場になって捺印を拒否されることはまずありません。

例えば、妻側から相談をお受けしていた場合。
妻が夫との話し合いをまとめることが出来るなら、妻を通して夫からも協議書の作成についての了解を得たうえで作成しています。

もし、妻が夫との話し合いを進めることが出来ないなら、お二人で事務所にお越しいただき、双方から要望をお聞きしながら一つ一つを詰めていき、何度か回数を重ねながら最終的に文書にしています。

その内容で合意できそうかどうか、だいたい感じ取ることができます。
夫婦は千差万別、それぞれですから、私が難しいかな?と思う内容でも、双方合意さえとれれば問題ないのですが、専門家が作った完成された(?)「協議書」がいきなり登場すると、恐怖心をあおられて、合意できるものもできなくなってしまいます。

準備万端も良いですが、円満な協議離婚を目指すなら、急がば回れ。
丁寧に相手方の意向を確認しながら進めていくほうが結果的に早いと私は考えています。