どうやら世の中には、まだ合意が見えていない状況で、一方的な依頼人の思い込みや願望だけを聞き取り、離婚協議書を作成し納品して業務を終えてしまう行政書士事務所もあるようです。

当事務所では、お二人が協議離婚を目指されていることを確認し、おおよその落とし所が見えてから、双方からの依頼を受けて初めて作成します。

双方が誤解をしていたことや私の受け取り方が誤っているところはないか、さらに盛り込んでおきたい事項はないかどうかなど、一つ一つ丁寧に確認しながら修正を重ねていきます。

この方法でここまで来れば、双方が納得済みですから、「せっかく作成した離婚協議書に捺印してもらえない」なんてことにはなりません。

例えば、妻側から相談をお受けしていた場合。
妻が夫との話し合いをまとめることが出来るなら、協議書の作成についてもあらかじめ了解を得ておきます。

夫側も、いきなり妻が完成された(?)「協議書」を出してくるより、冷静に話し合いが出来ますよね。
というより、いきなり勝手に決められた内容の書類が出てくると、面白くないと感じるでしょう。

準備万端も良いですが、急がば回れ。
円満な協議離婚を目指すなら、丁寧に。

一つずつ相手方の意向を確認しながら進めていくほうが結果的にスムーズです。

このエントリーをはてなブックマークに追加