「思うところあって、名字を母親の旧姓に変更したいのですができますか?」という、ちょっと珍しい相談を受けました。

両親の離婚に伴う「子の氏の変更」ではありません。

まず、方法として考えられるのは、母方の両親(祖父母ですね)との養子縁組です。

養子は養親の氏を名乗るのが原則ですので、母親の旧姓を名乗ることができます。

ただし、母方の両親ともに既に亡くなっていると縁組できませんし、結婚して氏を変更していた場合は、養子縁組しても氏は変わらないことになっています。(民法810条)

少しややこしいので、例で説明しますね。

鈴木ハルさんが山田敏男さんと結婚して山田ハルさんになりました。

山田ハルさんは、祖父中山初太郎さんと養子縁組しても「山田ハル」のままです。

ただし、離婚すると「鈴木ハル」ではなく「中山ハル」になります。

養子縁組ができない場合は、家庭裁判所で「氏変更の許可」の申請をすることになります。

ただし、氏の変更には「やむを得ない事由」が必要ですので、「思うところあって」の理由がとても重要です。

やむを得ない事由というのは、「一般的には氏の変更をしないとその人の社会生活において著しい支障をきたす場合」であって、氏が途絶えてしまうからといった理由でも認められていません。

ちなみに、両親が離婚する際に、子が成人していても独身なら母と同じ戸籍に入り母と同じ旧姓を名乗ることができます。

この場合は、家庭裁判所で「子の氏変更の許可」申請をすることになりますが、「やむを得ない事由」は必要ありません。

では、両親が離婚する際に、子が結婚していたら母と同じ旧姓を名乗ることはできないのでしょうか?

ちょっとややこしいので、上記の山田夫妻を例にして説明します。

山田敏男さんは、ハルさんと結婚する際に自分の氏を夫婦の氏にしましたから、両親の離婚によって母親が山田姓から旧姓の田中に戻したなら、田中敏男に変更できます。

もちろん、夫婦は同じ「氏」というのが原則ですから、妻の山田ハルさんも共に届出をして「田中ハル」さんになります。

ところが、山田ハルさんの両親が離婚しても、山田夫妻は山田氏のまま変更できないということになります。

以上、お分かりいただけましたでしょうか?

氏は戸籍の基礎となるものですし、一定の社会秩序維持のためにそう簡単に変更できない仕組みになっています。

そこで、便宜上養子縁組を利用して、氏を変更するわけですが、養子縁組というのは、血族間と同じ親族関係が発生します。

届出を出した瞬間から、相互扶養義務や法定相続権が発生するわけです。

このような相続のために養子縁組をされる方も多くあり、日本の民法はそれを広く認めています。
ただ、養親の目論見が外れて、養子縁組を解消したいと思っても、合意してもらえないと解消するのが難しいですのでじっくり検討してから届出したいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加