Q.協議離婚で養育費の取り決めを公正証書にした場合と、調停で取り決め調停調書にした場合の違いはありますか?

 

A.調停で取り決めた養育費の支払いしてもらえないときは、家庭裁判所が相手方に連絡をとって状況を確認し、きちんと支払うように促してくれる制度があります。これを履行勧告といいます。

この制度は、裁判所に電話でお願いするだけでも対応してくれますし、費用もかかりません。
とても使いやすいアフターサービスですね。

ただ、自発的に支払うように説得してくれますが、強制力はありません。
履行勧告でも相手が支払わなければ、履行命令を利用するか、強制執行の手続きをする必要があります。

ちなみに、履行命令によって、裁判所が相手方に支払うよう命じたにもかかわらず、それでも支払わないときは、10万円以下の過料を受けることがあります。

このように、調停で取り決めたことは、その後も家庭裁判所がある程度面倒をみてくれる制度があります。

一方、協議離婚で公正証書にしていた場合には、このようなアフターサービスはありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加