協議離婚相談 女性行政書士矢野快子事務所の離婚専門サイト 岡崎市/安城市/西尾市/豊田市
最近の投稿
  • HOME »
  • 最近の投稿 »
  • コラムを読んでみる

コラムを読んでみる

離婚の事を子どもにどう伝えるべきか?-2

子どもに離婚のことをいつどのように話せば良いのか、多くの親が悩まれるとても難しい問題の一つです。 親は「この子は小さいからまだ分からない。」と考えがちですが、だいたい言葉を理解する4~5歳になると両親の異変や友だちの家庭 …

母の旧姓に変更するには?

「思うところあって、名字を母親の旧姓に変更したいのですができますか?」という、ちょっと珍しい相談を受けました。 両親の離婚に伴う「子の氏の変更」ではありません。 まず、方法として考えられるのは、母方の両親(祖父母ですね) …

モラハラ(モラルハラスメント)

先日、60代の妻が70代の夫を殺害するという事件がありました。 妻は夫から暴言を受けたと供述しているそうです。 この事件に関しては、これ以上詳しい事は分かりませんが、もしかしたら妻は長年夫のモラハラに苦しんでいたのかもし …

もう一度やり直せますか?

男性は「離婚する!」と騒いでも、最終的に、様々な説得に応じる場合が多々あります。 つい先日も、男性側が「もうダメだ。」と言っていたケースですが、「もう一度頑張ってみる。」という結論に達しました。 一方、女性が一度決めたこ …

矢野事務所の使命

年間26万人以上増え続ける、両親の離婚に巻き込まれた子ども達を救うこと。 これが、私の使命です。 平成20年、73万組が結婚する一方、25万組が離婚しました(人口動態統計による)。 離婚の方法には、(1)協議離婚 (2) …

子どもの腕がちぎれるまで

大岡越前守の有名な裁きに「子争い」というのがあります。 二人の女性がどちらも子どもの本物の母親だと譲らないため、町奉行に判断を委ねます。 ところが、越前守にはどちらの話にも決め手がないと感じます。 そこで、越前守は二人の …

協議離婚のメリット

協議離婚のメリットとは? 一言でいうと、私は「無用な争いを避けられること」だと思います。 離婚問題は、本当に十人十色。 それぞれの場合を、画一的に法律に当てはめるだけでは、決して納得のいく解決にはならないのです。 例えば …

どっちと暮らしたい?

「父さんと母さん、どっちと暮らしたい?」 これほど子どもにとって残酷な質問はありません。 子どもには、両親それぞれの血が流れ、それぞれの愛情が注がれてきたのです。 みなさんは、饅頭喰いという人形をご存知でしょうか?  今 …

離婚の事を子どもにどう伝えるべきか?

「ココ、きみのせいじゃない」という絵本を参考になさってみてはいかがでしょうか? 主人公は「こぐま」のココ。 両親の離婚に大きく揺れながらも、子どものための協力を惜しまない両親に支えられ、現状を受け入れていく物語です。 全 …

サイト内を検索

あなたの状況は?

PAGETOP
Copyright © 矢野快子行政書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.